施術を受ける

デザインを決めたならば、実際に施術をすることになります。まず施術の痛みを抑えるために麻酔クリームを使うことがあります。これによって痛みを感じずに施術をすることが可能です。痛みが不安ならば、麻酔についてきちんと聞いておきましょう。

そして実際に医師による施術を受けることになります。施術は細い針を刺して、そこから皮膚に色素を入れていくというものです。皮膚の中に入れることによって、色素が落ちなくなります。使われる針はニードルと呼ばれるものであり、マチ針ほどの細さとなっています。手作業で手彫りで行われる場合と、機械彫りという方法もあります。

女の子手作業の場合は微妙な力加減を実現することができるため、濃淡のある仕上がりを実現できるでしょう。機械彫りの方ではキレイに塗りつぶしていくことが可能です。それぞれに一長一短のある方法となっています。クリニックでは、それぞれの希望や肌の状態、パーツなどに合わせて方法を使い分けていきます。

施術は複数回行うところが多いです。これによってしっかりと色素を定着させることができるのです。少しずつ微調整していくこともできます。完璧な仕上がりを目指して施術を受けることができるのです。アートメイクに挑戦してみましょう。

デザインを決める

カウンセリングを終えて、実際にそのクリニックでアートメイクを受けることを決めたならば、具体的なデザインについて考えていきます。

眉毛たとえば眉であればその人の骨格や雰囲気、目元の脂肪なども考慮しながら決めていくことになります。場合によっては理想の眉毛があり、雑誌の切り抜きを持っていくという方がいるかもしれません。しかし、それがその人にとって本当に似合う眉毛とは限りません。逆に不自然な仕上がりになってしまう可能性もあるからです。そのため、スタッフとよく相談をして、客観的に考えて自分に似合う眉毛のデザインを考えてもらうことになります。また、形だけではなくてカラーも大事です。たとえばその人が髪を染めているならば、それを考慮してカラーを決める必要があるでしょう。また、数年間はそのままの色になってしまうことも意識するべきです。

他のパーツについても同様に決めていくことになります。クリニックの方でデザインを提案してもらい、それを修正しながら最終的なデザインを決めていくことになるでしょう。後悔のしない選択をしてください。自分の希望をきちんと伝えることが大切です。さまざまなデザインを提案してもらえるため、じっくりと考えていきましょう。