カウンセリングを受ける

アートメイクをしてもらいたいならば、まずはカウンセリングを受けることになるでしょう。こちらで具体的にどのような施術を受けるのか、どんなデザインにするのかを決めていくことになります。

問診票

また、アートメイクというのは誰でもできるわけではありません。人によっては施術を断られる可能性があるのです。特に病気になっている方や未成年の方の場合はできないケースが多いでしょう。これらは問診の際に確かめられることになります。体質的に困難な場合もあるのです。安全性について問題がある場合は残念ながら施術を断念しなければいけません。

カウンセリングでは問診票を参考にしながらそれぞれの健康状態や肌質をチェックします。そして、施術の内容について説明を受けたり、注意事項について確認されます。このときに不安な点や心配な点、逆に希望する点などをしっかりと伝えておくと良いでしょう。術後のアフターケアについて、万が一トラブルが生じたときのフォローについてもしっかりと確認しましょう。

カウンセリングの段階でキャンセルすることもできます。少しでも不審なところがあったり、不安を感じてしまうクリニックを利用するべきではありません。信頼関係がとても大切です。

アートメイクとは

医師刺青というものがあります。こちらは皮膚に絵や文字を入れるための技術ですが、痛みが生じてしまったり、一生消えないという問題があります。アートメイクは刺青とは異なるものです。アートメイクの場合は皮膚を傷つけるようなことはしません。針を用いて肌の中に色素を注入するための方法となっています。これによってメイクをしなくても唇や眉などの色合いをキレイに仕上げることができるのです。そのためメイク行為といえるでしょう。

アートメイクというのは危険性をともなう行為のため、施術を受けるならば医師免許を持っている方が行わなければいけません。この点については注意をしておきましょう。クリニックにおいて施術をしてもらうことになります。

アートメイクは色素を注入するだけであり、痛みはあまりありません。また、その色素は自然になくなってしまうものです。そのため、アートメイクの結果がずっと残ってしまうこともないです。安心して施術を受けることができるでしょう。化粧のベースとして活用することができます。眉や唇、アイラインなどに色を入れることが多いでしょう。そのため、化粧をしなくても化粧をしているよいうな自然な仕上がりとなり、素顔の状態でも堂々と外を歩けるのです。

こちらではアートメイクをしてみたい方のために、施術の流れについて紹介しましょう。一体どのような流れでアートメイクが行われるのか気になる方は多いでしょう。そのような方のために役立つ情報を提供します。